クエン酸(Citric Acid)とは?

スポーツドリンクにもよく使われている「クエン酸(Citric Acid)」は、美容でも大活躍。
一般の薬局では「無水クエン酸」という名前の粉末で売られていて、誰でも手に入れることができます。多くの人が健康のためにそのまま飲用したり、掃除用の汚れ落としや、手作り化粧品の材料として利用しています。このサイトをご覧頂いている方もクエン酸にはもう触れていると思いますが
おさらいも含めてご案内しますね。

クエン酸は、レモンやオレンジなどの柑橘類に多く含まれている有機酸です。ということは、クエン酸自体とーってもすっぱい!ビタミン系飲料を飲んで「これは特にすっぱいな」と思ったら、原材料を見てみてください。大抵このクエン酸が入っているはずですから。
化粧用の原料としては、サツマイモなどのデンプンを発酵させて作られています。
このクエン酸には優れた収れん作用があるので、肌を引き締めたり、肌のキメを整える成分として重宝されています。それともう一つ大事な働きが、肌のph(ペーハー)、つまり酸性~アルカリ性のバランスを整える作用です。よく、肌は弱酸性の状態がいいと言われていますね。でも実際には、いつも肌が絶好調であるはずがありません。体調次第で汗や皮脂がアルカリ性に傾くことはしょっちゅうあります。そんな時に、クエン酸は肌を酸性の方へ戻して、健康な状態に保ってくれます。飲み物から掃除から化粧品から、もうあちこちでお世話になりっぱなしの成分、というわけです。

クエン酸配合のスキンケア製品

アンプルール(ラグジュアリーホワイト)

ビーグレン (美白セット)

サエル[saeru] (10日間モニターセット)

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト
サエル ホワイトニング クリーム クリアリストにも配合されています。

↑PAGETOP