スクワラン(Squalane)とは?

この成分が単体で、そのまま化粧品にもなっている「スクワラン(Squalane)」。
エイジングケア系化粧品だけでなく、今や10代~20代向けの化粧品にも積極的に採用されている、まさに遅咲きの大物といえるでしょう。このスクワランは、深海ザメの肝臓にたくさん含まれている肝油から取れる「スクワレン」が原材料です。もしかすると、スクワレンそのものの化粧品をご覧になったことがあるかもしれません。“スクワン”と“スクワン”一体どこが違うのかというと、スクワレンに水素を添加して酸化しないように安定させたのがスクワランなのです。名前が一文字しか違わないのでよく間違われることが多いのですが、あれは決して化粧品メーカーの表記の違いではないんですねー。私はてっきり同じものだと勘違いしていたことがあります。

さて、最近ではオリーブオイルから抽出されるスクワランも登場しています。
動物保護の観点と植物性原料の人気から、今さらに熱い注目を集めています。
スクワランは無色透明な液体オイルですが、その使用感はとてもオイルとは思えないほどサラッとしています。ほんっとにベタつきません。そして皮膚への浸透性が大変良くて、肌を柔らかくするエモリエント成分として大活躍しているのです。オイルの使用感が苦手な方にも、このスクワランはとてもオススメ。ぜひ試してみてください。

スクワラン配合のスキンケア製品

ニュートリサーチ スクワラン

スクワラン100%!のスクワランオイルです。 スクワランが気になる方にはぴったりですね。

アンプルール(ラグジュアリーホワイト)

↑PAGETOP