レチノール=ビタミンA

エイジングケアに敏感な人なら、「パルミチン酸レチノール(Retinyl Palmitate)」の「レチノール」という言葉に反応されたかもしれませんね。そう、よくシワやハリ対策の化粧品に用いられている成分です。

そのレチノールとは、ビタミンAそのもののこと。このレチノールの働きは、表皮の細胞の活性化や粘膜の保護です。レチノール単体でもシワ改善の化粧品に使われるのは、この老化防止効果が期待されているからなんですね。

 

パルミチン酸レチノールとは?

一方、パルミチン酸というのは、皮膚と同じように水をはじく性質を持つ化学構造のことです。
このパルミチン酸をレチノールに加えると、あらビックリ!肌への浸透性が格段にアップするのです。しかも、レチノール単体よりも肌への刺激はマイルドになるといわれています。

このパルミチン酸レチノールは、角質が厚くなりすぎたり、硬くなったりする「角化異常」を治すための医薬品として使用されることもあるほどパワーアップします。

当然、普通のスキンケアの効果もアップします。肌によく浸透するので、より肌の奥にある真皮に届きやすく、そこでのコラーゲンの生成を促すのです。また、たるみやしみ、乾燥、ニキビなどの予防にも効果があります。

特に目元用のアイクリームなどには、このパルミチン酸レチノールが入っているかどうか、チェックしてみてくださいね!

 

パルミチン酸レチノールが配合されているコスメ

ビーグレン (美白セット)

セットのなかのホワイトクリームにパルミチン酸レチノールが配合されていました。

 

↑PAGETOP