ヒアルロン酸Naとは?

いまや保湿成分のトップに君臨している「ヒアルロン酸Na(Sodium Hyaluronate)」。化粧品によっては「ヒアルロン酸ナトリウム」と表示されています。このヒアルロン酸Naは、たった1gで約6リットルもの水分を抱え込むことができます。

こんなすごい物質の主な原材料は、実はあのニワトリのトサカ!たしかにトサカはプルプルしていて、いかにも潤っていそうな質感ですよね。
もちろん、ヒアルロン酸Naはそのニワトリのトサカをグツグツ煮込んで作られているわけではありませんのでご安心を。タンパク質に反応する酵素で分解したり、弱アルカリで抽出されています。

一方、微生物から合成されているヒアルロン酸Naもあって、それは「バイオヒアルロン酸Na」と呼ばれたりしています。

 

保湿効果だけじゃない!

絶大な保湿効果を誇るヒアルロン酸Naは、肌の表面に水分を保持した膜を作るので、肌を乾燥から守るだけでなく、ハリを与えてキメの整ったなめらかな状態を保ちます。だから、高保湿化粧品をはじめとした様々なジャンルの化粧品に使われているんですね。

また、ヒアルロン酸Naにはとろみがあるので、化粧水や美容液をとろっとした気持ちの良い感触にするためにも使われています。
この優秀なヒアルロン酸Naは、単独行動だけでなく団体行動も得意。コラーゲン系の成分や他の保湿成分と組みあわせると、お互いの効果をパワーアップさせてしまいます。
おせっかいな優等生、なんともにくめないヤツですね。

 

ヒアルロン酸naが配合されているコスメ

ビーグレン (美白セット)

セットのなかの10YBにヒアルロン酸naが配合されていました。

↑PAGETOP