ポリリン酸(polyphosphoric acid)とは?

ポリリン酸は幅広く使われている成分です。
医療現場や市販の色々な製品(育毛、歯の黄ばみ等々)に配合されています。
ポリリン酸は、1959年にノーベル化学賞の受賞経験があるアーサーコンバーグという博士から始まったもので長年の研究がされてきた成分です。
注目される理由として一言でいってしまえばその分子構造等がおもしろいという理由だと思います
詳しくは科学的なものになってしまいますのでご興味がある方は ウィキペディアさんをご参照ください。

 

で?ポリリン酸はいったいどんな子なの?

ポリリン酸の特徴は、ポリリン酸だけでは成り立たないものなのではないかと
当サイトでは考えています。
といいますのはポリリン酸を間違った使い方をしてしまうと危険であったりすると
言われているからです。
ですが共通する点を一つ上げますと、再生系、蘇らせる系の力を授かった成分というイメージがありいます。
化粧品ですとハリ等をよみがえらせる、育毛はそのまま育毛、歯の黄ばみもホワイトニングというアプローチの販売をされているところがありますが、いわゆる再生という共通点にこのポリリン酸は使われています。

また、ポリリン酸単体ではなく、各自メーカーがこのポリリン酸をうまく活用することで最大限に引き立つ成分といえるかもしれません。 他の成分を引きたせたり、改良によりポリリン酸自体が引き立っていることがあるという意味合いです。

 

ポリリン酸が配合されているスキンケア製品

ビーグレン (美白セット)

セットのなかの10YBにEXポリリン酸が配合されています。EGFなども入っています。

ポリリン酸が配合されている歯のホワイトニング系製品

リジェンティス

歯のホワイトニング用の商品です。お家でできる簡単ケアが人気の秘密?

 

まとめ

ポリリン酸は医療やサイエンス系製品に幅広く使われている成分。 研究の歴史が長く陰にかくれている地味ながら相当な力をもっている成分さん といったところでしょうか(笑)

↑PAGETOP