メチルパラベンとは?

化粧品の防腐剤の代表選手、「パラベン」。そのうちの1種がこの「メチルパラベン(Methylparaben)」です。英語表記を見ていただくとわかるように、後ろから二文字はお弁当の“ン”です。決してワッペンの“”ではありません。私はけっこう長い間、後者の“パラペン”だと勘違いしていました…。

さて、メチルパラベンは別の名を「パラオキシ安息香酸エステル」といいい、ほぼ無臭の水溶性の物質です。少しの量で非常に広範囲の微生物に抗菌力を示し、しかもそれが持続するのが特長です。

 

化粧品を清潔な状態で維持する成分

一方、メチルパラベンは“アレルギーなどを起こす恐れのある物質”に指定されていた過去があります。しかし、刺激は極めて弱いという報告があります。
よく考えてみれば、化粧品は水や栄養のかたまりですよね。それが工場で作られて消費者にわたり、使い終わるまでの間、大抵は常温に置かれているわけです。だから腐ったり、カビが生えないようにメチルパラベンは配合されているのです。

そう、メチルパラベンの抗菌力は、化粧品自体を守るために使われているので、肌への殺菌効果は期待しないでくださいね。

可哀そうなことになにかと敬遠されがちな防腐剤ですが、アレルギーさえ出なければ、むしろ清潔に化粧品を保つためには欠かせないヤツなんですよ。褒めてやってくださいね。

 

メチルパラベンが配合されているコスメ

アンプルール(ラグジュアリーホワイト)

サエル[saeru] (10日間モニターセット)

 

↑PAGETOP